2018年4月21日のワークショップは無事終了いたしました。
 
   
 
催眠認識は、催眠を受けている人が、自分は催眠にかかったことを認識する現象のことです。催眠状態を素早く安定させるために、有効に働く心理作用です。

あなたがどんなに不思議な現象を起こしても、被験者の中で催眠認識が起こらなければ、安定した催眠状態に導くことはできません。

たとえば、催眠術師が「真っすぐに伸ばした腕はもう曲げることができない」と暗示をかけたとします。そして被験者は本当に腕が曲がらなくなりました。このとき、被験者の中で催眠認識が起きれば、速やかに催眠状態ができあがっていきます。

しかし、腕が曲がらなくなっているにも関わらず、「確かに腕は曲がらなくなっているが、それがどうしたの?」といったように、催眠認識が起きなければ、被験者の意識は普段と変わらず、暗示されやすさも深化していきません。それだけ催眠認識は催眠状態を作り出すために重要な要素と言えるのです。

催眠認識を誘発するテクニックを身に付ければ、成功率も必然的に向上していきます。

また、技法の種類によっては、飲食店や街中のような、雑音の多い場所でも有効に使える方法があります。この講座では、催眠認識を誘発するテクニックの数々を余すことなく伝授していきますので、ショー催眠や演芸など、余興などで催眠を使いたい人には必須の講座と言えるかもしれません。
 
   
   
 
4月シーズンセミナーでは、催眠認識についての講義の後、ロールプレイ方式を持ちいて実技練習に入ります。数種類の催眠認識誘発法を身体が覚えるまで徹底的に練習します。

また、4月シーズンセミナーの実演では、「筋肉支配」がテーマになっていますから、カタレプシーのかけ方、そして成功率を上げるためのマル秘テクニックなど伝授していきます。

禁止暗示(カタレプシーを起こす暗示)は、催眠術師にとってのひとつの壁といってもいいでしょう。禁止暗示がうまく成功すれば一気に深い催眠へと落としていけますが、うまくいかなければそこで催眠がストップするか、下手をすればかかりはじめている催眠までが完全に解除されてしまいます。

カタレプシーを起こすテクニックはそれだけ催眠術師にとって重要な技術なのです。
 
     
 
 このワークショップのお申し込みは催眠誘導研究所ベーシックコース受講済みの方に限ります
 
   
 
開催場所および日時
日時 2018年4月21日(土曜日)午後1時より開催
開催場所 〒1510053 東京都 渋谷区 代々木2-4-1 THビル 4階
会場 TH会場
受講時間 約4時間(講義1時間30分,実技練習2時間,実演および質疑応答30分)
受講料 40000円
講師 林貞年
 
     
   
     
 
催眠誘導研究所ワークショップ技術向上コース2月から10月までの全5コースを受講された方にはインストラクター認定証を発行しております。

[2月]催眠深化法完全マスター・コース
[4月]催眠認識法完全マスター・コース
[6月]瞬間催眠術完全マスター・コース
[8月]催眠導入法完全マスター・コース
[10月]現代催眠術完全マスター・コース

 
     
   
     
  @ 下の入力フォームに必要事項を入力して申し込みをしてください。  
  A 弊社より『仮予約受付』のメールが届きます。  
  B 『仮予約受付』のメールに記載の振り込み先に受講料をお振り込みください。  
  C 弊社でお振込の確認がとれましたら『正式予約完了』となります。  
     
お名前 ※必須
ローマ字
ご住所 ※必須
電話番号(半角) ※必須
Mail(半角) ※必須
念のためMailをもう一度 ※必須
性別 男性  女性
ご年齢
備考

        


催眠深化法完全マスターコース
催眠認識法完全マスターコース
瞬間催眠術完全マスターコース
催眠導入法完全マスターコース
現代催眠術完全マスターコース
ベーシックコース
自己催眠術指導者コース
失敗ゼロの催眠術コース
治せる催眠療法士コース
催眠性感療法士育成コース
日本催眠誘導研究学会
催眠術練習会
メインページ
プライバシーポリシー

特定商取引法の表記

株式会社ニック 催眠誘導研究所東京オフィス
TEL:03-6913-3674
Copyright (C)All Rights Reserved.